【飲食歴10年】飲食業界をやめてよかった実体験と辞めない方がいい人の特徴を紹介‼︎

この記事の内容

  • 飲食を辞めると天国?気になるメリットを6つ紹介‼︎
  • ええ、、?飲食を辞めるデメリットってあるの?
  • こんな人は飲食を続けるべき!2つの特徴を紹介
  • 転職を考える場合はこの8つの職業の中から選ぶべき‼︎

飲食を辞めたいけど、、続けるべきなのか迷うことって多いですよね。

「飲食業を辞めたいけど、もう少し続けた方がいいのかな…。」

「転職したら本当に悩みはなくなるの?」

…と悩んでいませんか?

この記事では、業界に約10年いた私が実際に転職をして感じた 飲食業界をやめてよかったことをお伝えします。

この記事を読むだけで本当にあなたか飲食業から転職するべきか理解することができます。

飲食業から異業種への未経験転職の方法が気になる人はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

【驚きのメリット】飲食をやめてよかった理由6つ‼︎

飲食を辞めるメリットは想像以上にかなり多いです。

辞める前は「本当に転職したら悩みが全て解決するのかな…?」と思っていましたが実際に、異業種に転職するとかなり働きやすく、給料や休みなど充実した働き方ができています。

実際に私や飲食業界から転職した友人の話を参考にして飲食業界を辞めてよかったと感じることをまとめてみました。

飲食をやめてよかったこと8つ

  • 労働時間がかなり短くなった
  • 残業が激的に減った
  • 休みが増えた
  • 出会いが増えた
  • 給料が上がりやすい
  • いじめや暴力的な人がいない

それぞれ解説していきます。

労働時間がかなり短くなった

飲食業を離れ最初に感じたのが1日の労働時間の短さでした。

飲食業界は人手不足で営業時間が長いため、必然的に長時間労働になりやすい傾向にあります。

飲食業界にいたころは毎日12時間以上働くのが当たり前で、同窓会などで異業種の友達が1日10時間の労働で長いと言っていたことにイラッと感じたこともありました。

一般的に平均の労働時間は8〜10時間と言われますが、現在の私も9.5時間/日ほどが1日の労働時間です。

飲食時代と転職後の1日の労働時間

  • 飲食時代:平均13時間/日
  • 転職後:平均9.5時間/日(2020年7月時点)
  • 日本の平均:8〜10時間/日

私の飲食時代よりも長く働いている人も多いと思いますが、長時間労働はかなりデメリットです。

当時は8時半〜23時まで働いてくたくたで電車に乗って帰った記憶しか私にはありません。。

私はキッチンで調理業務をしていましたが、ホールの人もテープルセッテイングやイベントの準備、シフトなど多忙だったので同じくらい働く人も結構いました。

時計をみて「まだ営業終わらないのか…。」と不満に感じることがなくなりましたし、仕事終わりの時間を趣味や勉強に費やすことができています。

残業が激的に減った

とにかく飲食業界は残業するのが当たり前なので、転職後にほとんどの方が残業の少なさに驚くはずです。

一般的に平均の残業時間は47時間/月ほどと言われておりますが、飲食業界では人手不足もあり残業時間が100時間を超えることも少なくありまえせん。

1日の労働時間を8時間と考えたときに、転職でどのくらい残業が減ったかまとめてみました。

飲食時代と転職後の残業時間

  • 飲食時代:平均時間60〜70時間ほど
  • 転職後:20時間/月ほど(2020年7月時点)
  • 日本の平均:47時間/月

飲食時代の特に、12月はかなり忙しくて毎年100時間以上の残業がありましたが、今では多くても30時間ほどです。

もし転職を考えている人はこちらのような職業につくと残業が少ないかと思います。

未経験から挑戦できて残業が少ない業界を紹介します。

残業が少ない職業

  • 美容関連
  • 経理
  • 事務職
  • ビル管理
  • 製造業
  • ルート配送

残業が少ない職業や企業としては営業時間が短い、交代制であるなどの特徴があります。

業界や職業によってここまで働き方が異なるのかと驚いています。

▼人気の高い事務職でも業界によって全然違う?1日の流れを紹介‼︎▼

未経験でも調理師から事務職に‼︎実際の給料や休み、印象に残る志望動機も解説‼︎未経験でも調理師から事務職に‼︎実際の給料や休み、印象に残る志望動機も解説‼︎

▼意外と穴場‼︎ストレスフリーで休みながら稼ぐならこの仕事▼
【未経験の女性にも】ルート配送の給料と1日の流れ、狙い目企業を紹介‼︎【未経験の女性にも】ルート配送の給料と1日の流れ、狙い目企業を紹介‼︎

休みが増えた

休みが増えたので自由に使える時間が増えました。

現在はサラリーマンとして働いていますが、求人を探す時に土日祝の求人が多くて「世間はこんなに休んでいるのか〜。。」と驚いたのを覚えています。

現在は年間休日120日+特別休暇+有給で125日ほどの休みがありますが、飲食時代は月6〜8日ほどの休みで年間も95日程度だったと思います。

転職による休みの変化

  • 飲食時代:年間休日95日ほど(月6〜7日+年末年始休暇等)
  • 転職後:年間休日125日ほど(有給含む)

飲食業界は営業日数も多く、人手不足なので休みが少ない傾向にあります。

正直なところ業界にもよりますが転職で年間休日は増えるでしょう。

ここでは実際に自分が転職活動をしていてどんな業界や職業が休みが多かったのか紹介します。

休みが多い業界や職業

  • 生活インフラ系(電気、ガス、水道、交通)
  • 製造業
  • 保険会社
  • 人材紹介会社

休みが増えると仕事とのメリハリがつくので、充実した生活が送れますよ。

▼イメージと逆‼︎年収400万円以上もらって休みも豊富▼

【学歴関係なし】製造業の1日の流れと未経験でも給料・休みが充実している‼︎【学歴関係なし】製造業の1日の流れと未経験でも給料・休みが充実している‼︎

出会いが増えた

飲食業界は労働時間が長く休日も少ないので、休みは寝て終わってしまうってことあるあるです。

仕事中にストレスを強く感じることも多く、恋愛どころじゃない人も多いと思います。

転職によって確実に出会いが増えるとは言えないですが、、ただ時間や金銭的な余裕ができるので異性と出会える可能性は高いです。

具体的にはこちらのようなケースから出会いに繋がっていくでしょう。

転職が出会いに繋がる理由

  • 街コンや合コンなど出会いの場に参加できる
  • 友人の繋がりで紹介してもらう
  • 習い事やクラブに参加して異性を探すことができる

飲食業界でも上記に挙げたことはできますが、転職することで時間が増えるのでより可能性は高まります。

自分の時間があるって想像以上に大切です。

現在恋人や家族がいる人も旅行や食事に出かけたりなど、これまで以上に思い出を作る

給料が上がりやすい

飲食業界は給料水準が低いだけでなく、昇給しにくいです。

長時間頑張って働いて、努力しても給料に反映されなければ苦しいですよね。

私の場合、年に2,000〜3,000円ほど上がればいい方で昇給ゼロの年もありました。

転職した現在は年にもよりますが5,000〜10,000円上がっているので、仕事に対してのモチベーションも上がります。

転職による昇給額の変化

  • 飲食時代:2,000〜3,000円/年(昇給ゼロもある)
  • 転職後:5,000〜10,000円/年

昇給があるとその分、生活の質を上げることができますし、余裕を持って生活をすることができます。

いじめや暴力的な人がいない

飲食業界だけではないと思いますが、特に性格の悪い人が多いように感じます。

私自身、バイトも含め10年ほど飲食業界にいましたがどの職場でも変わったといいますか、、、暴力的な人が何人かいました。

転職後も確かに堅苦しい上司もいますが、飲食時代ほどではありませんし、想像以上に働きやすいです。

職場でいじめや暴力がないメリット

  • 仕事に集中できる
  • 自発的に意見を交換できる
  • 目標を持って仕事に取り組める
  • 成果を分かち合うことができる

働きやすい環境では仕事の成果も出やすいです。

ストレスが少ないので休み明けに「仕事行きたくない…。」と思うこともほとんどありません。

飲食をやめるデメリットってある?

メリットの方が圧倒的に多いように感じますが、飲食業界を離れることでのデメリットも存在します。

具体的にはこちらのようなことが挙げられます。

飲食を離れるデメリット

  • 接客や調理スキルなど次の仕事で活かせないケースがある
  • 新たなスキルを身につける必要がある

転職することで今のスキルが活かせないケースがありますし、新たなスキルを習得するために勉強する必要があります。

確かに飲食業界からの転職により給料や休みなどメリットは多いですが、その分頑張る必要はあります。

また、飲食のスキルを活かすことを優先的に考えるのも転職後に満足して働くために大切です。

飲食スキルが活かしやすい職業

  • 調理師:食品メーカーの商品開発職、営業職
  • ホール:食品メーカーの営業職、事務、他業界の窓口業務

特に今のスキルが少しでも活かせると、給料やポジションの高い状態で転職することができるでしょう。

また、たとえ転職して失敗したとしても飲食業界は常に人手が不足しているので戻ることは十分に可能です。

▼調理スキルが1番いかせる仕事‼︎内定をもらうための具体的な方法も解説‼︎▼

食品開発職に必要な資格はある?未経験で転職した実体験と向いている人を紹介‼︎食品開発職に必要な資格はある?未経験で転職した実体験と向いている人を紹介‼︎

▼接客スキルがあれば強い‼︎営業職は稼げて将来性の高い仕事▼

【飲食から営業職】気になる仕事内容と年収、コピペできる志望動機を紹介‼︎【飲食から営業職】気になる仕事内容と年収、コピペできる志望動機を紹介‼︎

飲食をやめない方がいい人の特徴は?主に2つのケースを紹介‼︎

ここまで飲食業界から転職するメリット・デメリットを紹介しましたが必ずしも転職をおすすめする訳ではありません。

特に飲食を辞めない方がいい人もいるので、その具体的なケースを2つ紹介します。

飲食を辞めるべきでない人

  • 最近、初めて辞めたいと感じた場合
  • 入社後1、2年目と経験が浅い場合

それぞれ解説していきます。

最近、初めて辞めたいと感じた場合

失敗が一時的に続いて、辞めたいと感じることは誰にでもあります。

何度も悩んだ末に転職を考えるならばいいですが、一時的な感情のまま転職を決意することはあまりおすすめできません。

一時的に辞めたいと感じるケース

  • 失敗が続いて自信をなくした
  • 異業種の友達が羨ましく感じた
  • 調理・接客が向いていないと感じた

一時的な感情で辞めてしまうと後悔してしまうケースが少なくないので落ち着いて自分の気持ちを整えましょう。

その上でも辞めたいと感じる場合は辞めるべきですし、飲食業界で将来的にやりたいことがあれば辞めるべきではないでしょう。

入社後1、2年目と経験が浅い場合

入社してまもない時など経験が浅い場合に辞めると判断するのは少し早いように感じます。

個人の感覚なので難しいところではありますが、新人のうちは覚えることが多く大変なため上司や先輩の対応も厳しくなりがちです。

精神的にも体力的にも厳しいと判断した場合は別ですが、もう少し続けることで目線も変わってくるでしょう。

もしここで辞めてしまうと例え転職しても続けることは難しいと思います。

【みんなはどう?】飲食をやめたいと感じる悩みは深い…。

飲食業界は労働環境が厳しく必ずしも働きやすい業界とは言えません。

キッチンやホールで働く方が実際にどのような悩みを抱えているのか確認してみます。

悪い環境で働きすぎると心が麻痺してしまって、正常な判断ができないことも多いので自分の状況を振り返るきっかけとしてもらえたらと思います。

ケース①労働環境から辛いと感じる

飲食店居酒屋で正社員として働いています。
毎日泣くほど辛くて、今すぐ辞めたいのですが12月の繁忙期前なので辞められそうにありません。

(引用:YAHOO!知恵袋

ケース②激務のわりに給料が少ない

飲食店勤務です。某居酒屋のFCの店長をやっていて年収が400万位です。現在の会社を辞めるつもりで、飲食店で働きたいのですが、太陽エンタープライズみたいに年収が高い企業を教えて欲しいです。

(引用:YAHOO!知恵袋

ケース③職場でのいじめが辛い

飲食業をしているのですが
店長からのいじめが酷く辞めたいのですが
配属店舗のトップの店長にいじめられてるため
店長に言いづらいです。

(引用:YAHOO!知恵袋

転職するかどうかの判断は自分でする必要があるので、迷う気持ちもすごくわかります。

本当に辛くて改善の余地がないのであれば、転職を考えていいタイミングだと思います。

飲食が好きであれば同業での転職を考えると後悔しない転職ができるでしょう。

▼転職する人は少なくない…。絶対転職サービス大手を利用すべき‼︎▼

転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介

【今の環境が辛すぎる…。】飲食を今すぐにやめていいの?

転職先が決まってから今の職場を辞めることをおすすめしますが、必ずしも転職活動ができる状況でないケースも多いです。

特に心身ともに疲れ切っている場合、転職活動をする気力もないでしょう。

そのような場合は一旦、今の職場を辞めてから転職活動をするのもひとつの手です。

次が決まる前に辞めるメリットやデメリットはこちらの記事でまとめているので、参考にしてみてください。

▼辞めたら地獄?本当に転職したい人はこの手順で転職して‼︎▼
【永遠の疑問】次が決まる前に退職していいの?3つのメリット•デメリットを解説‼︎【永遠の疑問】次が決まる前に退職していいの?3つのメリット•デメリットを解説‼︎

辞めたいけど辞められない場合の対策は主に2つ

労働法としては2週間前に退職の意思を伝えれば辞められることは定められていますが、職場の規則もあるので退職前1ヶ月に退職することを伝えれば問題ありません。

しかしながら、退職を決意してもスムーズに辞められる人の方が少ないのではないでしょうか。

「仕事を辞めたいけど、、本音を話すのは怖い…。」

「退職を拒否される…。」

辞めたいのに辞められなくて悩む人も多いと思います。

本当に苦しい場合は、退職のしたいことを書いた置き手紙やメッセージを送り翌日から職場に行かなくても責められることは稀です。

正式に辞める場合の対策としては大きく2つあります。

辞められない時の対策2つ

  • 内容証明郵便にて退職意思の表示
  • 労働基準監督署(労基署)に相談する

内容証明は確実に辞めるためできる一番簡単な方法です。

こちらの記事に手順やポイントをまとめてありますので気になる人は確認してみてください。

▼ペンと紙があれば大丈夫‼︎退職できないを解決▼
【絶対辞められる】退職できない場合に内容証明を利用し安心して退職する方法【絶対辞められる】退職できない場合に内容証明を利用し安心して退職する方法

労働基準監督署についてあまり聞きなじみがないかもしれませんが労働者を守るための役割があります。

労働基準監督署の役割

  • 企業や個人事業主に対して労働基準法を守らせる
    →2週間での退職も可能になります。
  • 違法な労働を指摘、改善させる

【今日辞めたい…。】上司と顔も合わせたくないなら実質0円の退職代行を利用すべき

また、どうしても当日辞めたい場合は、こちらの退職サービス業界No.1の【辞めるんです】を利用すると良いです。

特に良い点は通常の退職(自己申告)の場合、失業保険は3ヶ月後(申請を含めると約4ヶ月後)からもらうことになりますが、こちらのサービスを利用するとすぐ失業保険をもらうことができます。

失業保険としては今の給料の50〜80%が支給されることが多いですが、詳しい額もこちらで確認することができます。

私も過去に他の退職代行を利用したことがありますが、、サービスの高さやキャッシュバックから「辞めるんです」を利用すればよかったと後悔しています。

残業、有給、失業保険がすぐにもらえる安心のサービス
公式HP:https://yamerundesu.com/

【辞めるんです】の特徴

  • 費用は30,000円かかるが、今月の賃金(給料、残業代等)を回収することが可能
  • 相談無料、辞めたい時にすぐにサービスの利用を辞められる
  • これまでの残業代や有給、失業保険の申請など面倒なことを全て行ってくれる
  • その後の転職もサポート‼︎転職後に支払った30,000円をキャッシュバック
  • 翌日から会社に行かないことも可能
  • 業界実績No.1で全国から毎日、依頼を受けている

▶︎詳しく見る
※これまでの残業代を受け取りたい人だけ見てください。

飲食業からの未経験でも将来性ある仕事に挑戦したいならこの職業‼︎

飲食業界から未経験の異業種に転職することは十分に可能です。

現在、気になる職業があるのであればそちらの仕事についての情報を集めてみるといいでしょう。

特にこの記事を読んでいるあなたにはなるべく短期間で転職を成功させてほしいので、未経験で転職すべき職業も詳しく紹介します。

飲食業界から転職すべき職業

  • 食品開発職:料理が好きで、自分の商品を作りたいなら
  • ITエンジニア:将来性◎ 20代でも年収500円以上は可能‼︎
  • Webマーケター:市場価値が急上昇、独立を目指すなら‼︎
  • 製造業:意外とキツくない‼︎休みや給料が平均以上
  • 営業職:会話や提案が苦手でなければ稼げる仕事
  • ルート配送:【女性にも】年収は高くないが、プライベートが充実
  • 事務職:【かなり人気】経験不要、ルーティンワーク多め‼︎

こちら以外にももちろん未経験で転職できる職業はありますが、働きやすい環境や年収の高さ、休みなどを考えると上記の職業はかなり参考になると考えます。

特に20代前半〜中盤であれば未経験でもかなり内定をもらいやすいです。

逆に20代後半〜30代前半の方は実績をアピールすることで採用される可能性が高まります。

こちらの記事に上記の職業の具体的な特徴と仕事内容をわかりやすく解説しているので参考にしてみてください。

▼未経験転職でおすすめの職業7つと給料、休みなど実態を解説‼︎▼
【実体験】調理師から異業種に転職できる?未経験でも稼げる7つの職業を紹介‼︎【実体験】調理師から異業種に転職できる?未経験でも稼げる7つの職業を紹介‼︎

【私のアピールポイントはどこ?】飲食業で身に付くスキルを主にOつ

実際に転職する場合にどんな自分の長所をアピールすべきか迷ってしまいます。

飲食業を通じて得られるスキルは想像以上に多いので、ぜひ振り返るきっかけにしてみてください。

飲食業で身に付くスキル

  • 顧客対応スキル
  • 人材育成スキル
  • マーケティングスキル
  • 調理スキル
  • 業務改善スキル

こちらに挙げたスキルは少なからず身についている可能性が高いです。

できることはどうしても忘れてしまい、できないことばかり考えてしまいがちなので振り返って自分の良い面を見つめ直すことは大切です。

自分で転職活動を行うのが面倒と感じているのであれば、転職サービス(サイトやエージェント)を利用するとサポートしてくれるので後悔のない転職ができるでしょう。

▼履歴書、面接対策が不安‼︎無料で利用できる転職サービスのメリットは?▼

転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介

まとめ

この記事のまとめ

  • 飲食業界からの転職で給料や休みの悩みが解決する可能性は高い
  • 調理や接客が好きなら活かせる仕事を探すべき
  • 経験が浅い場合は本当に転職した方がいいのか考えた方がいい
  • 自分のスキルを活かして転職活動すると評価されやすい

飲食業界で働くことで辛い思いをする人も多いです。

料理や接客がどうしても好きで大きな目標があるのであれば続けるべきですが、将来が不安な方は転職を考えるのもひとつの手です。

転職活動する際は自分の興味の業界からチェックしてみると楽しいかと思います。

求人を探す際も転職サイトや短期間で転職したいなら転職エージェントを利用すると心強いですよ。

▼実際に私が使って良かったものを紹介‼︎3ヶ月以内に理想の企業に入りたいなら▼

転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です