給料が安いを理由に辞めていいの?転職以外の3つの方法とあなたの悩みを解決‼︎

この記事の内容

  • 給料が安く辞めたいと感じる理由と働き続けるリスクは多すぎる…。
  • 給料上げたい人は転職よりもOOに注力すべき‼︎
  • 他の不満がなければ今の環境で給料を上げる努力をするといい
  • 少しでも不安があるなら転職サービスを利用するのも1つの手

給料が安いと転職するべきか迷うことってありますよね。

「みんなこんなに給料もらっているの…?」

「給料を上げるために転職した方がいいのかな…。」

…と悩んでいませんか?

この記事では、 あなたが給料を上げるために取るべき方法をお伝えします。

この記事を読むだけで給料を上げるために何をすべきか知ることができます。

今の給料に満足できない人はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

あなたはどう?給料が安く辞めたいと感じるのはこんなケース

普段の生活の中で給料が安いと感じるケースは多くあります。

理由を理解することで客観的に今の状況を判断することができます。

一般的にどんな理由で給料に不満を感じるのか紹介します。

デメリット

  • 周囲と比べて給料が低い
  • 頑張りや成果が給料に反映されない
  • 残業が給料に反映されない

それぞれ詳しく解説します。

周囲と比べて給料が低い

家族や学生時代の仲間と比較して給料が安いと感じるとモチベーションも下がってしまいます。

ただ、あなたの周囲の給料が高いケースもあるので年代別の平均年収を紹介します。

年代別 平均年収

  • 20代全体345万円(男性:369万円、女性319万円)
  • 30代全体442万円(男性:481万円、女性375万円)
  • 40代全体507万円(男性:567万円、女性401万円)
    参照:doda 平均年収ランキング 最新版【年齢別】

年齢別の月収ですとこちらが参考になります。

(出典:転職Hacks)

紹介したのは平均の給料になりますが、本人が満足していないのであれば給料を上げる行動を取るべきです。

頑張りや成果が給料に反映されない

仕事での成果が適正に評価されずに給料が上がらない状態も多く見られます。

せっかく努力して成果を出したのに対価がなければモチベーションも上がりません。

給料に反映されない原因としてはこちらのようなものが挙げられます。

成果が給料に反映されない原因

  • 会社の利益率が低い
  • 年功序列で給料水準が決まっている
  • 成果を上司に取られてしまう

こちらのような環境では自分1人の頑張りでは給料を上げることが難しいです。

特に年功序列の社風がある会社では大きな昇給は期待できないでしょう。

残業が給料に反映されない

普段の業務で残業をしても、給料に反映されない違法まがいな会社も存在します。

残業をしないといけないほど業務量が多いのに残業代が出ないのであれば不満も溜まります。

また、残業代を抑えるために「みなし労働時間制」を導入している会社も多いですが、その時間を超えた場合はしっかりと残業代を支払わなくてはいけません。

平均サービス残業時間は16時間/月ほどとの調査もあり、毎月5〜7万円ほどの賃金が支払われていないことになります。

長時間労働に見合った給料がもらえないのであれば他の道を探すのも1つの手です。

あなた辞めるべきなの?給料が安いままでいるリスク4つ

給料が安いままで働き続けるリスクは多く存在します。

リスクを知ることで今後どのような行動を取ればいいのか理解できます。

今は生活できるから対策を後回しにしても大丈夫と考えずに、将来を考えるとどんなリスクが待っているのか紹介します。

給料が安いまま働き続けるリスク

  • 仕事のモチベーションが上がらず、自分の成長に繋がりにくい
  • ライフイベントでお金が足りなくなる
  • 生活が一向に豊かにならない
  • 精神的に疲れてしまう

それぞれ詳しく解説します。

仕事のモチベーションが上がらず、自分の成長に繋がりにくい

多くのスキルや時間が必要な仕事をこなしていても、適切に評価されずに給料に反映されないと仕事に対するモチベーションは下がってしまいやすいです。

正規労働者にも関わらずアルバイトほどの自給だった場合や、仕事の内容に対して給料が安すぎると感じている場合、意欲は湧きにくいですよね。

それに、そういった状態が続いてしまうと向上心が低くなって、現状維持でも良いと考えてしまうため自分の成長に繋がりにくくなってしまいます。

ライフイベントでお金が足りなくなる

年齢を重ねるに連れて費用のかかるイベントが待っているため、給料が上がらない環境でプライベートを充実させることは難しいです。

具体的にどのようなイベントが待っているのか紹介します。

ライフイベントとかかる費用

  • 結婚:約467万円
  • 出産:約51万円
  • 教育資金:約1,0491万円
  • 住居購入費:約3,340万円
  • 老後の生活費:約26万円/月
  • 介護費用:約17万円/月参照:日本FP協会 主なライフイベントにかかる費用の目安

こちら以外にも車や引越し代、家賃など細かな費用も発生してくるでしょう。

今後のイベントに備えてお金を貯めるのも賢い選択です。

生活が一向に豊かにならない

給料が安いままだと生活を豊かにすることが難しくなってきます。

生活に関する欲しいものや趣味がたくさんある人にとって、お金が必要になってくる場面や、お金が欲しいと思う場面はとても多いはずです。

衣食住に関連するものや生活雑貨、趣味に関しても大概のものにはお金が欲しいと感じる場面が多いでしょう。

しかし、給料が低いとそういったものにお金を費やせなくなり、生活の質を上げることが難しくなってしまいます。

生活の質が上がらないと、仕事に対しても高いモチベーションを維持することが難しいでしょう。

精神的に疲れてしまう

給料が安い会社は周りの人も苦しんでいるケースが多いです。

そういった人にはこのような特徴があります。

苦しんでいる人の特徴

  • 情緒が不安定
  • すぐに起こりやすい
  • 嫌味が多い
  • 顔色が悪い

給料が安い会社はこのような人と関わる可能性が高く、雰囲気も良くないケースが多いです。

給料に関しても、周りの人間関係に関してもですが、過度な不安を抱えたままでいると自身も精神がおかしくなってしまいます。

そこから精神的に病んでしまうと、立ち直るのは年単位とかなりの時間が必要になります。

もし環境が原因でそういった状態になっていると感じたら、病んでしまう前に転職を考えるべきです。

▼辞めれない悩みは絶対ここで解決‼︎具体的な手順を解説‼︎▼

【絶対辞められる】退職できない場合に内容証明を利用し安心して退職する方法【絶対辞められる】退職できない場合に内容証明を利用し安心して退職する方法

▼勢いで辞めていいの?その気持ちが正しいのかここで理解▼

【永遠の疑問】次が決まる前に退職していいの?3つのメリット•デメリットを解説‼︎【永遠の疑問】次が決まる前に退職していいの?3つのメリット•デメリットを解説‼︎

他に不満がなければ今の環境で給料が上がる方法を考えるべき‼︎

「給料を上げる=転職」と考えずにまずは今の環境で可能な限り努力してみましょう。

転職よりもハードルがかなり低く、明日からできることもあるのでぜひ参考にしてみてください。

具体的にはこちらの3つの方法があります。

今の環境で給料を上げる方法

  • 給料アップの交渉をする
  • 資格取得などで昇進を目指す
  • 売り上げやコスト削減など今の業務で成果を上げる

それぞれ詳しく解説します。

給料アップの交渉をする

今の給料に対して不満に感じていても、発言しない限りは周囲は反応してくれません。

まずは直属の上司に「ちょっと30分くらいお時間よろしいでしょうか。」と相談することから始めましょう。

上司が忙しく中々、相談できそうにもない場合はこちらのタイミングで話すといいでしょう。

給料交渉しやすいタイミング

  • 業績評価
  • 人事査定
  • 業務量が増えた時

上司にしっかりと話を聞いてもらうためにも、普段から積極的な姿勢を見せることは大切です。

資格取得などで昇進を目指す

業務でさらに活躍するために資格取得を目指すのも1つの手です。

資格を獲得することは評価対象になり、またコツコツ努力できることを周囲にアピールすることができます。

先輩や上司が持っている資格を参考にするのもおすすめです。

今の会社で資格手当があるのか確認することも大切です。

人気の高い資格例

  • 簿記検定
  • 宅建士
  • 中小企業診断士
  • 社会保険労務士
  • TOEIC® L&R TEST

上記は一例ですので、今の業務でどんな資格があれば会社の役に立てるか考えてみましょう。

売り上げやコスト削減など今の業務で成果を上げる

実績として利益やコストを削減するとかなり前向きに評価してもらえます。

利益に貢献することで、一部を昇給にまわしてもらえるケースは多くあります。

ビジネスは結果が全てと言いますが、まずは目に見える実績を作り評価してもらう努力をしましょう。

【すぐ辞めないで】スキルがなければ転職で失敗する可能性は高い

転職すれば必ずしも給料が上がるわけではありません。

勢いで転職をしてしまうと後悔する可能性が高いので、まずは転職のリスクをしっかり理解しましょう。

転職のリスク

  • 給料はスキルや可能性の対価である
  • 転職で失敗すると負癖がついてしまう

それぞれ詳しく解説します。

給料はスキルや可能性の対価である

給料はその人のスキルや将来性を見て判断されます。

履歴書を見てその人のこれまでの頑張りを見て、自社での活躍を期待し給料を決めます。

目立ったスキルやアピールポイントがなければ、転職しても給料が上がることは難しいでしょう。

給料を上げるために資格やスキル、実績作りに注力するのも賢い手です。

転職で失敗すると負癖がついてしまう

給料だけ見て転職をしてしまうと、実際の業務とのギャップを感じて苦しい思いをします。

高い給料をもらう以上は業務量が多かったり、責任の思い業務を任されることになります。

転職で失敗しないためにも自分の今のスキルでどのくらい稼ぐことができるのか最初に確認するといいでしょう。

転職を繰り返してしまう人の特徴としてはこちらが挙げられます。

こんな人は要注意…。

  • 転職に対する理想が高い人
  • 転職理由を他人のせいにする人
  • 転職する基準が曖昧で気分で行動を起こす人

転職を繰り返してしまうと、相手企業から信用されにくくなりますので慎重に転職活動すべきです。

転職サイトやエージェントを利用して、自分であればどのくらいの給料が適当かまず確認することもおすすめです。

今すぐ収入アップしたいならこの2つ方法がおすすめ‼︎

ここまで色々と解説しましたが、収入を今すぐ上げたいなら転職するのも1つの手です。

今の環境で成果や資格獲得を目指しても給料アップにはどうしても時間がかかります。

短期間で収入を上げる方法

  • 自分にあった求人の中から給料が高い企業を探す
  • 自分に合った副業に挑戦する

それぞれ解説します。

自分にあった求人の中から給料が高い企業を探す

手っ取り早く給料を上げるには今のスキルが活かせる求人を探すことです。

中途採用となると即戦力が求められるため、同業であれば自分のこれまでの経験や実績が評価されやすいです。

転職して給料を上げるには具体的にこちらの3つの方法を参考にするといいでしょう。

転職で確実に給料を上げる方法

  • 自分の経験が活かせる仕事を選ぶ
  • 実力・実績評価型の企業を選ぶ
  • 転職エージェントに年収交渉を依頼する

転職に不安がある人は転職エージェントに登録して求人と年収交渉をお願いするのもおすすめです。

▼【同業転職も】ブラック企業を除いた求人はここで確認できる‼︎▼

転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介

自分に合った副業に挑戦する

副業に挑戦するのも選択肢の一つです。

副業を選ぶ際にはこのようなことを意識すると良いです。

副業を選ぶポイント

  • その副業が始めやすいか
  • その副業に対して時間を作れるか
  • やりがいがあるか
  • 興味があるか
  • 収益が十分か
  • 続けやすいか

このように、いま考えている副業が自分に合っているかを意識しながら選ぶと良いでしょう。

また、ネットで完結できるか、それとも外出が必要なのかということも重要になってきます。

今の業務に関連した副業だとハードルが低く、稼ぎやすいです。

▼実際に利用して本当に良いと感じた転職サイトとエージェントはこっち‼︎▼

転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介

給料が安い理由をどう伝える?内定を取るための伝える方法

給料の安さを退職理由にするのは問題ないですが、伝える際には工夫が必要です。

給料の安さによる退職理由の伝え方はこのようにすると良いです。

給料の安さによる退職理由

  • 仕事での実績と給料が見合わなかったため
  • 給料面に関しても自分自身に関しても、より向上させたいため

給料を理由に退職したと言ってしまうと不満を伝えただけになってしまい、企業からの印象も悪くなってしまうことに加えて、給料面だけに固執していると思われてしまう可能性も高いです。

実績と給与が見合わなかったなどの伝え方で、退職理由と共に自身をアピールできると良いです。

しかし、実績をアピールするには根拠が重要となるので、根拠になる実績の例やデータを準備して分かりやすく伝えられるようにしておきましょう。

給料が安くてもすぐに辞めないで‼︎客観的に見ることが失敗しないために大切

今すぐ給料を上げる方法まとめ

  • まず自分の給料を客観的に見ることが大切
  • 誰にでも転職がいいわけではない
  • 副業も含め、今の環境で給料を上げる方法が失敗のリスクが低い
  • 自分の市場価値がわからなければ転職サービスを利用するのも1つの手

給料が安いとモチベーションも上がりませんし、働き続けるリスクも多くあります。

まずは客観的に自分の状況を見て今の環境で努力できる部分がないか確認しましょう。

転職を考える際も自分のスキルが活かせる求人を特にチェックすることで給料的に満足できる企業が見つかるでしょう。

▼実際に利用して本当に良いと感じた転職サイトとエージェントはこっち‼︎▼

転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です