【後悔したくない】通勤距離の短さで転職しないで‼︎考えるべき7つのポイントを解説

この記事の内容

  • 通勤距離だけで転職するとほぼ100%後悔する…。
  • 自分に合った転職を探すならこの7つのポイントをチェック‼︎
  • 実は短い?みんなの通勤時間の平均はO分だった…。
  • 通勤時間が長いと内定がもらえない可能性も。対策を解説‼︎

通勤距離を短くしたいと思い転職するべきか迷うことってありますよね。

「転職したいけど通勤距離の短さで選んでもいいの…?」

「でも転職後に絶対後悔したくない…。」

…と悩んでいませんか?

この記事では、 通勤距離を含めたあなたに合った転職先の特徴をお伝えします。

この記事を読むだけでどんな企業の求人に応募すべきか理解することができます。

転職で失敗したくない人はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

転職を通勤距離の短さで選ぶべきでない…。転職で考えるべきポイントを紹介‼︎

転職時に通勤距離の短さだけで会社選びをしてしまうと入社後に後悔する可能性が高いです。

どんなに会社との距離が近くても、入ってみたら自分に合わないと感じては楽しい日々を過ごすことはできません。

転職活動で会社を選ぶ際には通勤時間だけでなく、こちらのポイントも気にするといいでしょう。

後悔しない会社選びのポイント

  • 本当に自分が心からやりたい仕事か?
  • 満足いく給料がもらえるか?
  • 雇用形態や労働条件が適しているか?
  • 自分の経験が活かせる仕事か?
  • 社風が自分の性格と合っているか?残業が少ない、休みが多いか?
  • 将来性が高く、スキルが身に付く職場か?
  • 自分の今後のキャリアに適しているか?

それぞれ詳しく解説します。

考えるべきポイント①:本当に自分が心からやりたい仕事か?

部活動やバイトなど、夢中になれて良い成果を出せたこと、やる気が多く湧いてきたときの経験を思い出してみましょう。

また、その時の周囲の環境や、やる気が多かった理由を考えみましょう。

それらを参考にして自分に合っている仕事を探してみましょう。

長い時間で仕事を続ける場合、モチベーションはとても重要になってきます。

他にも、時間が短く感じられたときや、幸せだったときの事を思い出してみると、そこから自分に向いている仕事を見つけられるかもしれません。

考えるべきポイント②:満足いく給料がもらえるか?

どんなに仕事が楽しくても充実した生活を送るためにはどうしても「お金」が必要です。

また、人生の節目にはお金のかかるイベントが待っているため、給料を優先的に考えて転職することは正しいと言えるでしょう。

ライフイベントとかかる費用

  • 結婚:約467万円
  • 出産:約51万円
  • 教育資金:約1,0491万円
  • 住居購入費:約3,340万円
  • 老後の生活費:約26万円/月
  • 介護費用:約17万円/月参照:日本FP協会 主なライフイベントにかかる費用の目安

満足いく給料をもらうことでプライベートも充実しますし、貯金をすることも難しくないでしょう。

ただ、飛び抜けて高い給料をもらえる環境はどうしても求められるスキルが高いため挫折しやすいです。

まずは平均年収より10〜20%高い給料を目指すといいでしょう。

年代別 平均年収

  • 20代全体345万円(男性:369万円、女性319万円)
  • 30代全体442万円(男性:481万円、女性375万円)
  • 40代全体507万円(男性:567万円、女性401万円)
    参照:doda 平均年収ランキング 最新版【年齢別】

どのくらいの給料をもらえれば満足できるか考え、理想の年収を逆算するのも1つの手です。

お金があると余裕のある生活ができるので仕事のモチベーションも上がりやすいです。

転職時は「給料」を優先に気にすると後悔しないでしょう。

▼給料が安いとデメリットばかり…。あなたが取るべき行動は転職じゃなかった?▼

給料が安いを理由に辞めていいの?転職以外の3つの方法とあなたの悩みを解決‼︎給料が安いを理由に辞めていいの?転職以外の3つの方法とあなたの悩みを解決‼︎

考えるべきポイント③:雇用形態や労働条件、福利厚生が適しているか?

長く働くためには「正社員」になれる求人に応募しましょう。

景気が悪くなった場合、まずクビになるのは非正規雇用である契約社員や派遣社員、パート、アルバイトになります。

つまり正社員は安定していて経営がかなり悪化しない限りは働き続けることができる。

それぞれどんな特徴があるのか紹介します。

雇用条件とその特徴

  • 正社員:労働の期限が定められず、安心して長期間働ける
  • 契約、嘱託社員:一定の期間契約を結び働くことができる。
  • 派遣社員:派遣会社と契約を結び、一定の期間派遣先で働くことができる。
  • アルバイト、パート:短時間の労働、簡単な作業を担当し、学生や主婦が主に対象。

ボーナスがしっかりともらえる、昇給しやすいのも正社員の特徴です。

ボーナス面で言うと非正規雇用との差は年間100万円を超えると言われるので、長期間稼ぐことを考えるなら「正社員」一択でしょう。

考えるべきポイント④:自分の経験が活かせる仕事か?

自分のこれまでの経験が活かせて「即戦力」として働けることで、満足いく働き方ができるでしょう。

即戦力で働くためには、このようなことが重要になってきます。

即戦力になるために重要なこと

  • 経験
  • ビジネススキル
  • 成長への意欲
  • 積極的に学ぼうとする姿勢
  • 適応能力

経験やビジネススキルがあることで入社後からスムーズに仕事をこなせるので、即戦力として働きたい場合はとても重要なってきます。

また、転職先で必要なスキルについて積極的に学ぼうとする姿勢も大事です。

他にも、人間関係や転職先の仕事などの環境への適応能力が高ければとても良いです。

▼20、30代必見‼︎あなたに求められるスキルと転職は何歳まで?▼

【転職で失敗しない】絶対知っておくべき年代別で求められるスキルを解説‼︎【転職で失敗しない】絶対知っておくべき年代別で求められるスキルを解説‼︎

考えるべきポイント⑤:社風が自分の性格と合っているか?残業が少ない、休みが多いか?

自分の性格と合わない会社では自分らしく働くことは難しいでしょう。

休みや労働時間を含め、働きやすい環境なのか事前にチェックしておくことは大切です。

入社前でもある程度の社風を見分けることは可能です。

こちらのようなポイントをチェックしておくと後悔しない転職ができるでしょう。

自分に合った環境の見つけ方

  • 離職率が高くない
  • 人数が極端に少なすぎず、多すぎない
  • 繁忙期以外の残業は少なめ(20時間/月以下が理想)
  • 休みが自分の理想に近い(120日以上が理想)

情報を集めるためにも会社のウェブサイトやSNSや社員のブログを調べてみましょう。

ウェブサイトを調べることで企業理念や社員のインタビューなどの職場の情報を見ることができる場合も多く、SNSや社員のブログからは直接的に社風を感じることができる可能性が高いです。

他にも面接や現場で働いている人から聞ける場合は、積極的に聞いてみましょう。

そうすることで入社前でも社風をより理解する事ができるでしょう。

考えるべきポイント⑥:将来性が高く、スキルが身に付く職場か?

転職する場合、将来性の高さやスキルが身に付くかはとても大事です。

こちらに将来性のある仕事の特徴をまとめました。

将来性のある仕事の特徴

  • 需要が高まっている仕事
  • 生活に深くかかわる仕事
  • AI化が難しい仕事
  • 流行に関係が少ない仕事

現在も需要が高く、今後も伸びる可能性が高い業界の仕事は将来性があります。

生活に深くかかわっている衣食住などの仕事については、どの時代も必要とされているので、安定していると言えます。

現在はAIが発展してきており、今後も進展し続けてシンプルな作業などはAI化されると推測されているので、コミュニケーションが多く必要な仕事や、クリエイティブな仕事は将来性が高いです。

他にも、流行に関係が少ない仕事は安定している可能性が高いと言えるでしょう。

考えるべきポイント⑦:自分の今後のキャリアに適しているか?

専門性を持っているほど、魅力的な人材だと判断されて企業から大切にされやすいです。

がむしゃらに日々頑張るよりも、業務や休日を通じスキル獲得に努力したほうが実は昇給や昇進は早いです。

自分のキャリアを考える時に参考になることを紹介します。

キャリアを考える時のポイント

  • どんなスキルが自分に向いているか?(学んでいて苦にならないか?)
  • 将来いくらくらい稼ぎたいか?(どんな生活を送りたいか?)
  • 自分の理想の働き方をしている人はどんな人か?

専門性が高い人ほど代えのきかない貴重な人材になります。

理想の上司や先輩が持っている魅力的なスキルや気になるスキルの獲得に積極的にチャレンジしてみましょう。

それでも転職時に通勤距離も優先すべき‼︎働き続けるためのメリットを紹介‼︎

ここかで通勤距離の短さで転職先を選ぶべきではないとお伝えしましたが、働き続けるためにも通勤距離が短いことは大切です。

労働条件が良く、自分のスキルが高められる環境であれば通勤距離も合わせて確認しましょう。

通勤距離を考えるべきメリットとしてはこちらが挙げられます。

通勤距離が短いメリット

  • 家族や恋人、友人との時間を確保できる
  • 睡眠時間を確保でき疲れを取りやすい
  • 自分の時間が取れるので資格勉強や趣味に没頭できる

長く働くためにはやはり通勤距離の短さも大切な要素の1つになります。

【みんなはどのくらい?】通勤時間の平均は驚きのO分だった…。

1日の通勤時間の平均は1時間19分、片道換算でおよそ40分が目安になってきます。

都道府県ごとに通勤時間の平均が違いますので、ワースト5位のイメージを紹介します。

1日の通勤時間が長い都道府県ワースト5位

  • 神奈川県:1時間45分(片道およそ53分)
  • 千葉県:1時間42分(片道およそ51分)
  • 埼玉県:1時間36分(片道およそ48分)
  • 東京都:1時間34分(片道およそ47分)
  • 奈良県:1時間33分(片道およそ46分)

(出典:平成28年社会生活基本調査結果 社会生活基本調査から分かる47都道府県ランキング|総務省統計局

ちなみにアットホームが行なった理想の通勤時間の調査では35分との結果が出ています。

こちらはあくまでも理想なので自分がどんな生活を送りたいか、何時まで寝たいかなど希望を事前にまとめておくといいですね。

もし内定をもらった企業の通勤時間やイメージがわかない場合、実際にその時間に車や電車で出社してみるといいでしょう。

通勤距離が長いと内定がもらえない?転職時のリスク3つを解説‼︎

入りたい企業までの通勤距離が長いと、このような理由で不利になることがあります。

具体的にはこちらのような理由から内定がもらえないケースがあります。

長時間通勤で不利になる理由

  • 交通費が多くかかってしまう
  • 継続就業に対しての不安
  • 緊急の残業対応への不安

もし引っ越すことができる環境であれば、面接などで事情を伝えておくと企業から安心してもらえます。

引っ越しができない場合は、通勤時間を勉強に使う、長時間の通勤経験がある、などの問題がない理由をアピールできると良いです。

通勤距離が長くなってしまうと、自身にも負担となってしまいます。

もし転職先への通勤距離が長い場合は、実際に通勤と同じ手段で職場へ行ってみて、何時に出勤することになるか、帰宅時間は何時ごろになるか、問題なさそうかを確かめてみましょう。

▼勢いで辞めていいの?その気持ちが正しいのかここで理解▼

【永遠の疑問】次が決まる前に退職していいの?3つのメリット•デメリットを解説‼︎【永遠の疑問】次が決まる前に退職していいの?3つのメリット•デメリットを解説‼︎

通勤距離が長いのは転職理由として正しい‼︎転職時の上手な伝え方を解説‼︎

通勤時間の長さを退職理由にするのは問題ないですが、伝える際には工夫が必要です。

通勤時間の長さによる退職理由の伝え方はこのようにすると良いです。

通勤時間の長さによる退職理由

  • スキル、資格獲得のために仕事後や休みを活用したい
  • 家族との時間を大切にして、仕事に集中して取り組みたい

通勤時間の長さを理由に退職したと言ってしまうと不満を伝えただけになってしまい、企業からの印象も悪くなってしまうことに加えて、通勤距離だけに固執していると思われてしまう可能性も高いです。

一番良い方法としては通勤距離のことは触れずに、自分のステップアップや御社で今のスキルを活かしたいとの気持ちを伝えることです。

相手にとってのメリットを提示することで内定の可能性もかなり高まります。

転職サイトやエージェントを利用すると転職の悩みや理想の求人を無料で紹介してくれるので利用すると転職での失敗もかなり減るでしょう。

▼実際に利用して本当に良いと感じた転職サイトとエージェントはこっち‼︎▼

転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介

通勤距離を考えて転職してOK‼︎でも自分の働き方、将来も合わせて考えよう!

転職時に考えることまとめ

  • 通勤距離と合わせて自分のキャリアにとって良い環境か考えるのは大切
  • 理想の企業でも通勤時間が長ければ内定は難しいかも
  • 転職時は通勤時の話題に触れないのがベター
  • 不安が少しでもあれば転職サービスを利用するべき

職場への通勤距離が長いとモチベーションも上がりませんし、疲労が溜まり働き続けることも難しいでしょう。

転職をする際には後悔しないためにも自分がどんな働き方や人材になりたいかを考え、並行して通勤距離の短さもチェックするといいでしょう。

具体的には自分のスキルが活かせる求人の中から通勤距離の短さを優先的に考えられるといいですね。

私はこれまでかなり多くの転職サイトやエージェントを利用してきましたが本当に良いと感じるのは一握りでした。

無料で求人を見ることができるので実際に転職しなくても、今後のイメージをするためにもチェックするといいでしょう。

▼実際に利用して本当に良いと感じた転職サイトとエージェントはこっち‼︎▼

転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です