【新人向け】元調理師が語る向いていない人の特徴6つと他の仕事を検討する場合の注意点

この記事の内容

  • あなたは本当に調理師に向いている?
  • 今は向いていないと感じてOK‼︎継続で身に付くスキルを紹介
  • 今の職場が合わないなら、調理師として他の職場にいくのも良い
  • 調理師が向いていないなら転職も1つの手

調理師をしていて本当にこのまま続けていいのか迷うことって多いですよね。

「周りはこんなに仕事ができるのに何で私はできないの…?」

「調理師以外の仕事の方が向いているのかな…。」

…と悩んでいませんか?

私もこの業界に10年近くいましたが、毎日のように悩んでいました。

この記事では、 調理師が向いている人の特徴をお伝えします。

この記事を読むだけで今後調理師を続けていくべきかを知ることができます。

実際に私が調理師から異業種に転職した話も書きますので、調理師以外の仕事が気になる人も最後まで読んでみてくださいね。

【あなたはどう?】調理師が向いている人の特徴8つを紹介‼︎

自分が調理師に向いているのか日々悩むケースって多いです。

ただ、ここから紹介する向いている人の特徴8つに1つでも当てはまる人は、調理師の仕事が合っている可能性が高いです。

一時的に向いていないと感じているケースも多いため、振り返るきっかけにしてもらえたら幸いです。

具体的にはこちらの8つになります。

調理師が向いている人

  • 料理人としての夢がしっかりとある人
  • 向上心や目標がある人
  • 人に気を使いすぎず、小さなことは気にしない人
  • 素直で真面目に仕事に取り組める人
  • 忍耐力があり、継続ができる人
  • 味覚が正確な人
  • 料理を通じてお客様を喜ばせたい人
  • 給料や休み、プライベートよりも料理が大好きな人

それぞれ解説していきます。

調理師が向いている人の特徴①:料理人としての夢がしっかりとある人

料理人として最終的な夢がある人はかなり調理師が向いている人です。

具体的にはこちらのような夢が挙げられるでしょう。

料理人としての夢とは?

  • 独立して自分のお店を持つ
  • 有名店でシェフの座につく
  • ホテルで総料理長になる
  • 出張料理人になる

上記以外にもたくさんあるかと思います。

自分が調理スキルをつけた先に叶えたい夢がある人は、日々の苦労にめげずに頑張り続けることができますし、スキルが身につくのがかなり早いです。

調理師が向いている人の特徴②:向上心や目標がある人

日々の目標や向上心が高い人はスキルが身につくのが早いです。

調理スキルが身につくのはもちろん、だんだんと職場全体がしっかり見れるようになるので物事の重要なポイントやお客様目線になって何が一番大切がすぐにわかるようになります。

特にスキルを身につけるまでは時間がかかり大変な思いもするので、料理を楽しみながらコツコツ努力できる人は調理師が向いていると言えます。

調理師が向いている人の特徴③:人に気を使いすぎず、小さなことは気にしない人

調理業界は労働環境が厳しいだけでなく、働く人も癖がある人が多いです。

そういった環境にいちいち左右されていては心が持ちません。

上司や周囲に気を使うのは大切ですが、細かなことまで神経質になってしまうと精神的な負担になってしまいます。

自分の達成したい目標のために、日々の辛いこと、失敗したことを反省してすぐに気持ちを切り替えられる人は調理師に向いています。

まとめると失敗を反省することは大切ですが翌日には昨日の失敗を次に活かそうと思える人が向いてます。

調理師が向いている人の特徴④:素直で真面目に仕事に取り組める人

料理は下ごしらえや切り方などが違うと、同じ料理でも違う味になってしまいます。

そのため、マニュアル通りに調理をしてくれる人はとても重宝されます。

また、マニュアルに沿って丁寧に調理をすることで、上司などの上の人からもしっかりできる人材として覚えて貰えて今後に繋がる可能性が高まります。

他にも、調理師には食への安心感も重要になってくるので、素直で真面目に仕事に取り組める人が調理師に向いていると言えます。

調理師が向いている人の特徴⑤:忍耐力があり、継続ができる人

実際に飲食業界に入ると環境の厳しさに驚く人が多いです。

調理師専門学校や学生から調理師になる人はもちろん調理師が厳しい職業だとある程度知った上で就職すると思いますが「休みが少ない、給料が安い、労働時間が長い」状況に耐えられず大半の人が3年以内に辞めてしまいます。

やはり大きな目標、独立やシェフになりたいなど方向性が定まっていないと心が折れてしまいます。

中途半端な気持ちでは続きませんし他の仕事が羨ましくなって辞めてしまいます。

最終的な調理師としての目標をイメージできてコツコツそれに向かって進むことができる人が向いています。

調理師が向いている人の特徴⑥:味覚が正確な人

味覚が正確でない人は料理を作っても上手く作れないことが多いです。

甘味や塩味などをある程度正確に判別できないと、どのくらいの味付けにすれば良いか分かりませんよね。

例えば、甘味の味覚がずれてしまっていると甘すぎたり、甘さが足りなくなったりしてしまいます。

トレーニングすることで味覚を改善させることも可能ですが、やはりある程度は一般の人と同じような味覚がなければ厳しいでしょう。

このようなことから、味覚が正確な人が調理師に向いていると言えます。

調理師が向いている人の特徴⑦:料理を通じてお客様を喜ばせたい人

自分が作った料理をお客様が喜んでくれるとかなり嬉しいです。

お客様の笑顔を見てこれまでの努力や苦労が報われるような気持ちになった経験がある人も多いと思います。

お客さん第一に料理を組み立て、満足してもらえるように工夫して料理を作れる人は調理師が向いていると言えます。

調理師が向いている人の特徴⑧:給料や休み、プライベートよりも料理が大好きな人

残念ながら調理師で働いている以上、給料や休みは他の業界よりも低い傾向にあります。

独立して成功すれば毎月100万円以上稼ぐことも十分に可能ですが、下積み時代はかなりきついです。

そのため、長時間働いても苦にならず料理に集中して打ち込める人が調理師に向いていると言えます。

今はできなくてOK‼︎調理師を続けることで身に付くスキル4つを解説‼︎

調理師初心者にありがちな挫折ですが、内容によっては継続して働くことで身についていきます。

10年近くこの業界にいたので実体験からも感じたことでもあります。

調理師が向いていないとすぐに判断するのは早い可能性もあるのでまずはここから挙げる項目に当てはまっていないか確認してみてください。

継続うることで身に付くスキル4つ

  • 色彩バランス、盛り付けのセンス
  • 手先の器用であること
  • コミュニケーションスキル
  • 調理技術や知識

それぞれ解説していきます。

継続で身に付くスキル①:色彩バランス、盛り付けのセンス

料理人としてセンスは必要になりますが、磨くことが十分に可能です。

盛り付け時の色彩バランスや盛り付けの方法、ソースのかけ方など有名シェフの盛り付けや雑誌の料理を見て、凹む人も多いと思います。

過去の私もそうでしたが大丈夫です。継続することで格段にきれいに盛り付けられるようになるので安心してください。

こういった方に共通するのが

「インプット(勉強量)不足」

です。

盛り付け=アウトプットなので、インプット(勉強量)を増やし、雑誌や実際に食べ歩きをすることで盛り付けのセンスは徐々に磨かれていきます。

継続で身に付くスキル②:手先の器用であること

料理人には食材の盛り付け方や切り方などを丁寧にするために手先が器用であることが求められます。

しかし、不器用な人でも練習などで努力することにより技術を確実に向上させることができます。

それに、不器用な人は不器用であるため器用な人に比べて技術を身に付けるために自然と多く努力をします。

また、手先が器用な人はすぐにできるようになる代わりに、技術を忘れやすいとも言われています。

継続することで器用さを身に付けることは十分可能です。

継続で身に付くスキル③:コミュニケーションスキル

調理師は職場の人やお客様と接するためにはコミュニケーション能力が必要ですが、人見知りなどでコミュニケーションが苦手な方は難しいと思うかもしれません。

しかし、調理師は役割が分担されており、コミュニケーションを取る業務が出てくるため、調理師として働いていれば自然と会話ができていきます

それでも厳しい場合は意識して話しやすい同僚やお客様から会話をしてみましょう。

練習することでコミュニケーション能力を向上させて人見知りを改善させることも可能です。

継続で身に付くスキル④:調理技術や知識

現場で働き初めて気になるのが調理技術の低さです。

調理師専門学校だけでは現場で必要なスキル・知識を身につけることが難しいです。

現場で必要になるのは大量の作業をいかにクオリティ高くこなせるかです。

実際に現場で必要になる技術や知識は働きながら身につけていけるので、

「自分には才能がない…。調理師が向いていないのかな…。」

と思わずに働き始めた頃の自分と比べてどのくらい成長できたかを確認しましょう。

働き始めて3年以下など、まだ経験が浅い場合は一旦、自分のスキルを気にせず継続することを考えましょう。

【1つでも当てはまったら注意…。】調理師が向いていない人の特徴6選‼︎

失敗が重なった時など調理師が向いていないと感じることはあるでしょう。

本当は調理師が向いているのに、一時的に向いていないと考え転職を考える人も多いです。

そのため基準もって調理師の仕事が本当に向いていないのか見つめ直すことが大切です。

私自身が退職した理由や調理業界にいた10年の間に辞めた先輩や同僚、後輩の特徴を参考にまとめてみました。

それでは具体的な向いていない人の特徴を紹介します。

調理師が向いていない人の特徴6選

  • 言われたことを守れない人
  • 目的がなく、ただ働いている人
  • 不衛生な人
  • 理不尽なことを流せない人
  • 給料やプライベートを重視したい人
  • 時間にルーズな人

それぞれどんな特徴があるのか解説していきます。

調理師が向いていない人の特徴①:言われたことを守れない人

不真面目な人は、調理師にとってかなり重要である信頼がなくなってしまうので向いていません。

例えば、食材の管理をいい加減にしてしまうことや、マニュアル通りに作らないことなどです。

食材の管理が雑だと安心感がなくなってしまいますし、マニュアル通りに作らないと味が変わってしまいます。

飲食店で不真面目に働いてしまうとお客様からの信頼がなくなってしまいます

また、お客様だけでなく職場の人からも仕事を貰えなくなってしまいます。

調理師が向いていない人の特徴②:目標がなく、ただ働いている人

日々なんとなく働いている人は調理師は向いていないです。

調理師としての環境は過酷であるケースが多いので、目標がないと精神的に疲労してしまいます。

私自身も3年目くらいの時にすごく悩んだことでもあります。

何となく働くのは止めて、自分が心から楽しいと思う仕事を探したり、調理師よりも休みや給料が高い業界に転職する方が満足できます。

調理師が向いていない人の特徴③:不衛生な人

調理師はお客様に安全で美味しい料理を提供するために衛生面に気を付ける必要がありますが、不衛生だと食中毒に繋がってしまうので、不衛生な人は調理師には向いていないです。

作った料理に自分が原因でお客様を食中毒にしてしまったら大変ですよね。

そのため食品を安全に管理する方法を学び、自身も常に清潔にした上で調理に取り組む必要があります。

ウイルスは目に見えないため、ただでさえ気を付けていても食中毒が発生してしまう場合があるので、調理師は清潔感に対してより意識を高める必要があります

調理師が向いていない人の特徴④:理不尽なことを流せない人

調理師として働いていると理不尽なことが多いです。

ストレスに感じますが受け流せないと厳しいですし、全て受け止めていては身が持ちません。

私自身も新卒時など上司の気分でパワハラを受けた経験がありますが、本当に良くない環境だと感じていました。

調理師が受けるパワハラ例

  • 少しでもミスすると見えないように蹴られたり、足を踏まれる
  • 冷蔵庫内で失敗したことに対して怒鳴られる
  • 休憩時間に呼び出され手伝いをさせられる
  • 包丁など調理道具を隠される
  • 熱い油をかけられる
  • 休日出勤を命じられる

他人を変えることは難しいので、気にしないように心がけたり、その人の良いところを見つけるといいかと思います。

日々のストレスと受け流せない人は心が疲れてしまう前に他の職場を探すか、異業種に転職するといいでしょう。

調理師が向いていない人の特徴⑤:給料やプライベートを重視したい人

結婚や友達、恋人との付き合いや生活の質を重視して辞める人も多いです。

私自身も「給料」と「休み」を増やすために食品メーカーの商品開発の仕事に就きました。

残念ながら調理師の給料や休みは他の業界よりも低水準です。

調理師の給料や休み

  • 平均年収320万円ほど
  • 年間休日数95〜105日ほど

日本の平均年収は420万円ほどで、雇われの身として働く上で平均以上稼ぐことはかなり難しいです。

給料や休みよりも第一に「料理」を優先できない人は、調理師にあまり向いていないと言えるでしょう。

調理師が向いていない人の特徴⑥:時間にルーズな人

こちらは他の職業にも言えることですが、特に調理師で時間が守れないのは致命的です。

営業中や仕込み中など限られた時間ないに、割り振られた作業をこなさなくてはいけまえせん。

それにお客様に提供する料理が遅れてしまっては、お店自体の信頼を落とすことに繋がります。

調理師の給料はそういったお客様が満足して支払ったお金が回ってきて支払われていることを忘れてはいけません。

時間にルーズな人は特に調理師に向いていないと言えます。

▼調理師を辞めたいと1回でも思ったら…。あなたに合う仕事は他にある?▼

【退職すべき?】調理師がきつい、辛い場合の対策と辞めるデメリット3つを解説‼︎【退職すべき?】調理師がきつい、辛い場合の対策と辞めるデメリット3つを解説‼︎

調理師が向いていなくてもスキルがあれば、ステップアップできる‼︎3つ可能性を紹介‼︎

調理師として働き続けることが苦しいと考えていても、調理スキルが身について入れば他の道を考えることができます。

ここからは具体的な3つの方向性と実際にどんなスキルがあれば挑戦できるのか解説していきます。

調理スキルがあると見えてくる方向性

  • 独立
  • 食品の商品開発
  • 料理教室の先生

それぞれ解説していきます。

独立

特定の料理でもいいので一流の調理スキルがあれば独立することも可能です。

確かに自分のお店を持つことは簡単ではないですが、人間関係のストレスはかなり減るでしょう。

修行したお店でメニュー開発を経験していたり、原価計算をしてことがある人はかなり強いですね。

独立する上で必要なスキル

  • 調理スキル
  • メニュー開発スキル
  • 原価計算
  • 経営スキル
  • スタッフのマネジメントスキル

上記のようなスキルが必要になりますが一番大切なのは「お客様が満足する料理を提供できること」です。

私の知人でも自分のお店を持って活躍している人がいますが、意外と調理スキル以外で悩んでいるケースが多いように感じます。

特に地域性による違い(東京で修行し、地元でお店を出すケース)や客層に合った料理、原価を抑える方法などです。

食品の商品開発

調理スキルが身について、調理工程がそれぞれ何のために行われているかを理解できれば食品の商品開発の仕事も見えてきます。

大手メーカーの食品開発は高度なスキルが求められるため、転職は難しいですが中小企業の開発職であれば十分に転職できます。

特にレトルトメーカーや冷凍食品メーカー、缶詰•乾物メーカーがスキルが活かしやすいと思います。

食品開発職の給料や休み

  • 平均年収:448万円
  • 年間休日数:120〜130日(有給含む)
  • 残業時間:20時間程度

私も調理師からレトルトメーカーに転職しましたが、調理師として料理ごとの大切なポイントを知っていることで美味しい商品を作りやすくなります。

また、材料のどこを良いものに変えれば商品がグレードアップするかが理解できるので、本当に調理師のスキルを活かせる仕事だと思います。

▼食品開発者なら年収400万円以上は確実?良い印象を与える志望動機も紹介‼︎▼

食品開発職に必要な資格はある?未経験で転職した実体験と向いている人を紹介‼︎食品開発職に必要な資格はある?未経験で転職した実体験と向いている人を紹介‼︎

料理教室の先生

調理スキルがあり、人に教えるのが好きであれば料理教室の先生になることもできます。

相手は主婦や若い女性がメインになり、高級レストランのような高い調理スキルは求められませんがその分、わかりやすくポイントを説明できることが大切になってきます。

料理をただ人に教えるだけでなく、その人がその料理を誰かに作って、満足してもらうことがゴールになります。

なので料理を楽しませるための

料理教室の先生に求められるスキル

  • 幅広い調理スキル
  • コミュニケーションスキル
  • 調理のポイントを丁寧に説明できるスキル
  • 簡単な資料(レシピや案内)を作れるスキル

調理スキルがあれば、あとは相手目線に立って親身に教えてあげることができれば大丈夫です。

最近では出会いの一環としても料理教室に通う人が増えているので需要も上がっています。

大手だとABCクッキングスタジオが有名ですのでこちらの採用情報などを確認してみてもいいかもしれません。

調理師が向いていないなら転職もひとつの手‼︎すぐに辞めていいの?

本当に向いていないと思うのであれば、早めに転職することをおすすめします。

なぜなら、向いていないと感じながら働くよりも、自分に合った仕事で少しでも早くスキルを高めて給料を上げる方があなたにとって満足いく働き方ができるはずだからです。

ただし、基本的に次が決まるまではその職場で働くことをおすすめします。

転職に慣れていない状態で業種を変えるケースなどはどうしても時間がかかってしまいます。

▼辞めたら地獄?本当に転職したい人はこの手順で転職して‼︎▼

【永遠の疑問】次が決まる前に退職していいの?3つのメリット•デメリットを解説‼︎【永遠の疑問】次が決まる前に退職していいの?3つのメリット•デメリットを解説‼︎

【このままは嫌だ…。】調理師から未経験の仕事に挑戦できる?

結論から言うと調理師から未経験でも異業種に転職することは十分に可能です。

私自身も20代で転職したというのもありますが、転職サイトやエージェントを利用して10社以上の内定をもらうことができました。

たとえ30代だとしても若いほど異業種転職は有利になるので、求人確認からでもいいので今日から始めるといいでしょう。

特にこの記事を読んでいるあなたにはなるべく短期間で転職を成功させてほしいので未経験で転職すべき職業を詳しく紹介していきます。

調理師から転職すべき職業

  • 食品開発職:料理が好きで、自分の商品を作りたいなら
  • ITエンジニア:将来性◎ 20代でも年収500円以上は可能‼︎
  • Webマーケター:市場価値が急上昇、独立を目指すなら‼︎
  • 製造業:意外とキツくない‼︎休みや給料が平均以上
  • 営業職:会話や提案が苦手でなければ稼げる仕事
  • ルート配送:【女性にも】年収は高くないが、プライベートが充実
  • 事務職:【かなり人気】経験不要、ルーティンワーク多め‼︎

こちら以外にももちろん未経験で転職できる職業はありますが、働きやすい環境や年収の高さ、休みなどを考えると上記の職業はかなり参考になると考えます。

特に20代前半〜中盤であれば未経験でもかなり内定をもらいやすいです。

逆に20代後半〜30代前半の方は実績をアピールすることで採用される可能性が高まります。

こちらの記事に上記の職業の具体的な特徴と仕事内容をわかりやすく解説しているので参考にしてみてください。

▼未経験転職でおすすめの職業7つと給料、休みなど実態を解説‼︎▼
【実体験】調理師から異業種に転職できる?未経験でも稼げる7つの職業を紹介‼︎【実体験】調理師から異業種に転職できる?未経験でも稼げる7つの職業を紹介‼︎

プライベートより料理を優先できる人が調理師に向いている。

この記事のまとめ

  • 調理師が向いている人は第一に料理を考え行動できる人
  • 新人はスキルがなくて当然‼︎日々の努力の積み重ねが大切
  • 調理のスキルが身に付けば他の道も見えてくる
  • 異業種に転職するなら若い方がかなり有利

働いていると調理師が本当に向いているかいないか不安になるケースはかなり多いです。

上記の特徴はあくまで目安になりますが、調理師としての夢や目標があるのであれば調理師を続けるべきです。

今回の記事を通じてあなたが仕事に対して何を求めているのか振り返るきっかけになれば嬉しいです。

もし転職を考えているのであれば、無料で利用できる転職サイトやエージェントに不安な部分を全て確認して自分に合った求人を紹介してもらうと気持ちが楽になると思います。

▼【間違えないで‼︎】実際に利用しておすすめなのはこのサービス‼︎▼

転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です