老人ホームの調理師を辞めたい。きつい理由6つと辞めるデメリットを解説

この記事の内容

  • 【あなたはどう?】老人ホームが辛いと感じる理由は主に5つ‼︎
  • 老人ホームの調理師を辞めるデメリットはかなり大きい
  • こんな特徴がある人は老人ホームの調理師を続けるべき
  • 調理師から転職するならこの職業が絶対おすすめ‼︎

老人ホームの調理師の仕事を続けていくことに悩む人は多いのではないでしょうか。

「老人ホームの調理師が向いていない気がする…。」

「転職も考えているけどほんとう?」

…と悩んでいませんか?

この記事では老人ホームの調理師の仕事が辛いと感じる本当の理由と辞めるデメリット、対策を紹介していきます。

最後まで読むことで今の仕事を続けていくべきか、また調理師から転職する場合にはどんな職業がおすすめなのかを紹介します。

老人ホームの調理師は本当にきつい…。辞める理由は主に6つある

調理師の中でも老人ホームの調理師はきつい仕事になります。

今後、高齢者の数は増え、需要の高まる職種ではありますが、安価でサービスを提供している老人ホームでは調理師を含め給料が上がりにくい状態です。

そんな老人ホームの調理師ですが主にこちらの5つの理由から退職•転職を考える人が多いです。

老人ホームの調理師を辞めたい理由

  • 人間関係のトラブル
  • 残業代が支給されない
  • 給料水準が低くて生活が苦しい
  • 調理師不足から業務が多すぎる
  • 経営悪化による賃金低下
  • 業務が楽しくない

実際に私自身、調理師から未経験で他の業界に入りましたが、無料で利用できる転職サービスは本当に心強かったです。

将来的に転職を考えている人は後悔しないためにも、どんなメリット、デメリットがあるのかチェックしてください。

▼履歴書や面接が苦手だと転職はかなり厳しい…。面倒に感じるなら転職サービスに頼るべき‼︎▼
転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介

辞めたい理由①:人間関係のトラブル(無視やいじめなど)

人間関係のトラブルはどうしても避けることができません。

挨拶しても無視される、悪質ないじめを受けているなど辛い状況にいる人は状況が悪化する前に対処すべきです。

人間関係トラブルの一例

  • 上司からパワハラや暴言、暴力を受けている
  • 上司や同僚からセクハラを受けている
  • 一方的に無視されたり、いじめを受けている
  • 職場内がピリピリしていて精神的に疲れる
  • 他人のミスを自分のせいにさせれる

我慢すると精神疾患につながったり、良くない考えを引き起こします。

自分で改善できる場合なら問題ないですが、どうしても改善できないケースもあります。

転職を考える前に具体的な対策をお伝えします。

人間トラブルの対策

  • 第三者から意見をもらう
  • 自分の考えを変える
  • 人事部や上司に相談する

まずは親身になってくれる近場の人に相談してみて、方向性を決めると良いでしょう。

辞めたい理由②:時間外手当が支給されない

残業代が出ない会社は違法である可能性が非常に高いです。

時間外も働いたあなたは賃金をしっかり受け取る義務がありますし、会社側も時間外手当を労働者にしっかりと支払う必要があります。

残業がでないケースとしては主にこちらが挙げられます。

残業代が出ないケース

  • 時間外になるとタイムカードが押せなくなる
  • 年俸制で残業代が出ない
  • みなし残業に残業代が組み込まれている
  • 役職手当に残業代が組み込まれている

上司に話しても聞いてもらえない場合、有効的な対策として弁護士を通じて報告すること方法があります。

しかしデメリットとして弁護士に相談し、残業代が支払われたしてもあなた自身がその職場に在籍しにくくなるでしょう。

辞める場合のみ、しっかり残業代を申請すると精神的にも良いです。

特に良い点は通常の退職(自己申告)の場合、失業保険は3ヶ月後(申請を含めると約4ヶ月後)からもらうことになりますが、こちらのサービスを利用するとすぐ失業保険をもらうことができます。

失業保険としては今の給料の50〜80%が支給されることが多いですが、詳しい額もこちらで確認することができます。

残業、有給、失業保険がすぐにもらえる安心のサービス
公式HP:https://yamerundesu.com/

【辞めるんです】の特徴

  • 費用は30,000円かかるが、回収できる賃金(給料、残業代等)でそれ以上の金額が返ってくる
  • 相談無料、辞めたい時にすぐにサービスの利用を辞められる
  • これまでの残業代や有給、失業保険の申請など面倒なことを全て行ってくれる
  • その後の転職もサポート‼︎転職後に掛かった費用30,000円をくれる
  • 翌日から会社に行かないことも可能
  • 業界実績No.1で全国から毎日、依頼を受けている

▶︎詳しく情報を確認する
これまでの残業代を受け取りたい人だけ見てください。

実を言うと私も暴力等を受けて調理師を辞めようと悩んでいた時に退職代行サービスを利用したことがありますが、調べてみると費用が他よりも低額で実績がNo1なので「辞めるんです」を一番おすすめします。

辞めたい理由③:給料が低すぎて生活が苦しい

どんなに仕事が楽しくても給料が低くては、生活をすることが出来ません。

今後、給料が上がる見込みがある場合は、そのまま在籍するべきですがそうでない場合は将来のことを考えて転職を考えてもいいでしょう。

今すぐ転職を考えるべき人

  • 年収が200万円以下の人
  • 手取りが15万円未満の人
  • 無駄遣いしていないのに貯金ができない人

地域によっても生活費がことなるため、一概にいえませんが無駄遣いしていないのに趣味に使えるお金が全くない人も転職を考えるべきです。

調理師から食品メーカーに転職した私の実体験からも感じることですが、転職することで「この仕事でこんなに給料もらえるの?」と感じることもあるでしょう。

転職した人しかわからないことですが、調理師の仕事は過酷で精神的にも辛いことが多すぎると感じてしまうケースが多いのも事実です。

年代別 平均年収

  • 20代全体345万円(男性:369万円、女性319万円)
  • 30代全体442万円(男性:481万円、女性375万円)
  • 40代全体507万円(男性:567万円、女性401万円)
    参照:doda 平均年収ランキング 最新版【年齢別】

特に20代〜30代前半ですと未経験の仕事にも転職しやすく、転職活動も3ヶ月以内に終えられるケースも少なくありません。

今後、今の職場や業界で働き続けるイメージが湧かない人は転職を考えるべきです。

実際に給料交渉してくれた‼︎無料で給料を上げるなら転職サービスは絶対併用すべき
転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介

辞めたい理由④:調理師不足で業務が多い

現在高齢化が進んでいるため、老人ホームの調理師としての需要は高まっています。

しかし、老人ホームで作る料理は高齢者の健康に配慮されているため、このような食事を作る場合が多いです。

老人ホームで作る料理

  • ミキサー食
  • とろみ食
  • ゼリー食
  • 水分補給食

このように、一般的な調理師とは違い原型をとどめていない料理を作る場合が多く、理業務としても魅力が低いので特に人手不足になってしまっています。

また、老人ホームの場合は利用者の朝食の準備をしなければいけないので、人手不足なところでは特に早出出勤が多くなってしまい、業務が多くなってしまいます。

このように高齢化が進み需要は高まっていますが、魅力が低いため人手が不足してしまっており、1人当たりの業務量が多くなってしまう傾向があります。

辞めたい理由⑤:経営悪化による賃金の低下

老人ホームの経営が悪化し、給料が減る場合は特に危険なサインです。

今後もっと業績が悪くなれば、退職を迫れれる場合もあるでしょう。

収入が減るだけでも辛い話ですが、会社が潰れてしまって失業となってからでは遅いです。

人員削減までいかずともボーナスや給料の低下、未払いなどに繋がるケースもあります。

年齢と重ねるに連れてイベントごとにかかる費用が発生するため、今が生活できるから大丈夫と考えない方がいいです。

ライフイベントとかかる費用

  • 結婚:約467万円
  • 出産:約51万円
  • 教育資金:約1,0491万円
  • 住居購入費:約3,340万円
  • 老後の生活費:約26万円/月
  • 介護費用:約17万円/月参照:日本FP協会 主なライフイベントにかかる費用の目安

老人ホームの経営を見ていて将来性が低いと思う場合、早めに転職活動を始めるといいでしょう。

辞めたい理由⑥:業務が楽しくない

老人ホームの調理師には調理以外にも仕事があります。

老人ホームの調理師の業務内容

  • 調理
  • 片付け
  • メニュー考案
  • 食材の買い出し
  • 配膳

調理については、施設によって全てが手作りであったり、レトルト食品などを使用しているところもあり、他にアレルギーなどによっても利用者に合わせた料理にします。

また、老人ホームは相手が高齢者なので、胃腸の病気や歯が欠けてしまっていることなどが原因で上手く食事ができない人もいるため、利用者に合わせて食べやすいように調理方法を工夫する必要があります。

老人ホームの調理師の調理方法

  • とろみ食
  • ソフト食
  • きざみ食
  • ペースト食

このように、料理は流動食を作る場合もあるのでギャップを感じてしまうケースも多いです。

実際に調理師からの転職で利用した感想と本当におすすめの転職サービスを紹介‼︎
転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介

老人ホームの調理師がきついと感じる人の体験談、口コミは?

私自身、調理業界で10年ほど働きましたが、何度か業務の一貫で系列の老人ホームの仕事を手伝ったことがあります。

1人が受け持つ仕事が多く、個人個人のアレルギー管理の徹底などすごく大変だと感じました。

ここからは実際にきついと感じている人の体験談や口コミを確認してみます。

労働時間ど業務量が多いケース

特養老人ホーム(調理部門は別会社)で調理師として働いている者です。
仕事量、労働時間についての質問です。
早番5:00~14:30
遅番10:00~20:00
調理師は所長と私の二人。
毎食、調理補助(パートさん)3人。
この職種に就いて3ヶ月。
週休2日。
週に3日は所長と私の二人が揃うので早番遅番が出来ますが、所長が休みの日は私1人になり、朝食、昼食、おやつ、夕食、検品、仕込み(切菜等)をこなします。
休憩が取れない事もしばしば。

月の労働時間は210時間。
毎食70~90食。

自分では労働時間と仕事量が多すぎると思うのですが、この業界では当たり前なのでしょうか?
(後略)

出典:Yahoo!知恵袋

人手不足な環境ですとどうしても勤務時間が長かったり、業務量が多いと気が休まらないと思います。

自分自身でも限界だと感じている場合は、状態が悪化する前に転職を考えてみることをおすすめします。

人間関係が良くないケース

業務量が多くても人間関係が良好であれば仕事を続けることはできます。

しかしながら、業務に支障を与えるほど人間関係でトラブルが起きている場合は自分の力では改善することは難しいです。

これは私の実体験でもあるのですが環境が良くなれば想像以上に楽しくコミュニケーションを取りながら働くことは可能です。

あなたはどっち?すぐに辞めるべき人もいる‼︎
【永遠の疑問】次が決まる前に退職していいの?3つのメリット•デメリットを解説‼︎【永遠の疑問】次が決まる前に退職していいの?3つのメリット•デメリットを解説‼︎

老人ホームを勢いで辞める場合のデメリット3つ‼︎

老人ホームのような過酷な環境で心身ともに疲れてしまう人は多いです。

ただし、一時的な気持ちや我慢ならない時に勢いで退職を決意することは今後のことを考えるとあまりおすすめできません。

確かに退職することで気持ちは楽になりますし、ストレスから開放されてほっとした気持ちになります。

しかしながら、次の働き口の予定がなければその後、苦しんでしまう可能性もあるのです。

勢いで退職するリスクやデメリットを解説します。

次が決まる前に辞めるデメリット3つ

  • 貯金がないと経済的に厳しい
  • 焦って妥協した転職先に入ってしまう
  • 希望の求人が見つからない場合もある

デメリットとしては「金銭的な問題が伴うこと」、「必ずしも希望の転職先に入れるとは限らないこと」が挙げられます。

丸っきり転職活動をしている自分がイメージできない人は在職中に少しでも準備を始めると後悔のない転職活動ができるでしょう。

ただ、デメリットだけでなくメリットもあるので気になる方はこちらの記事も確認してください。

調理師を辞めるべきなの?本当に辞めるべきケースを紹介‼︎
【退職すべき?】調理師がきつい、辛い場合の対策と辞めるデメリット3つを解説‼︎【退職すべき?】調理師がきつい、辛い場合の対策と辞めるデメリット3つを解説‼︎

【ちょっと待って!】老人ホームの調理師を辞めない方がいい人の特徴

ここまで老人ホームの調理師を辞めるべきケースを話しましたが、辞めない方がいいケースもあります。

具体的に辞めない方がいい人は下記の特徴の方です。

こんなケースは辞めない方がいいかも。

  • 最近、初めて辞めたいと感じた場合
  • 入社後1、2年目と浅い場合

それぞれ解説していきます。

最近、初めて辞めたいと感じた場合

業務での失敗や連続で怒られると、

「仕事向いてないのかな?他の仕事の方に転職しようかな…。」

と悩んでしまうケースも多々あることでしょう。

何度も悩んだ末に転職を考えるならばいいですが、一時的な感情のまま転職を決意することはあまりおすすめできません。

一時的に辞めたいと感じるケース

  • 失敗が続いて自信をなくした
  • 異業種の友達が羨ましく感じた
  • 業務が自分に向いていないと感じた

一時的な感情で辞めてしまうと後悔してしまうケースが少なくないので落ち着いて自分の気持ちを整えましょう。

その上でも辞めたいと感じる場合は辞めるべきですし、今後の目標があるのであれば辞めるべきではないでしょう。

入社後1、2年目と浅い

入社したばかりで経験が浅い場合も辞めると判断するのは少し早いように感じます。

個人の感覚なので難しいところではありますが、新人のうちは覚えることが多く大変なため上司や先輩の対応も厳しくなりがちです。

精神的にも体力的にも厳しいと判断した場合は別ですが、もう少し続けることで目線も変わってくるでしょう。

もしここで辞めてしまうと例え転職しても続けることは難しいと思います。

 ▼あなたはどっち?すぐに辞めるべき人もいる‼︎
【永遠の疑問】次が決まる前に退職していいの?3つのメリット•デメリットを解説‼︎【永遠の疑問】次が決まる前に退職していいの?3つのメリット•デメリットを解説‼︎

老人ホームの調理師を続けるメリット3つ‼︎

老人ホームの調理師を辞めたいと考えていても、他の老人ホームに転職することで問題が解決するケースもあります。

ここからは老人ホームの調理師として働くことでのメリットを解説します。

老人ホームで働くメリット

  • 幅広い層に合わせた調理法を学べる
  • 業務の組み立て方が上手になる
  • 残業が比較的に少ないので、プライベートも充実しやすい

メリット①:幅広い層に合わせた調理法を学べる

老人ホームにはアレルギーや持病を持つ利用者も多いです。

そのため、アレルギーなどを持っている利用者の方には原因となる食材を変更して献立を作ったり、噛んだり飲み込んだりということが難しい利用者の方にはミキサーなどを使ったり、食材を食べやすいように切ったり、服用されている薬との相性を考えて献立を作るなど、利用者に合わせた幅広い料理法を学ぶことができます。

また、管理栄養士さんから安全な食事を学ぶこともできます。

メリット②:時間に合わせた行動を取れるようになる

老人ホームでは食事以外にも様々なスケジュールがあります。

1日のイベント

  • 生活支援
  • 入浴支援
  • レクリエーション
  • リハビリ

このように利用者様にはそれぞれ1日のスケジュールがあるので、食事が遅れてしまうとスケジュールが乱れてしまいます。

そのため、調理師は食事を遅らせないため時間を厳守する必要があるので、老人ホームでのスケジュールを理解してスムーズに業務を進めるため時間に合わせた行動を取れる人になれます。

メリット③:残業が比較的に少ない

こちらは老人ホームごとに異なるのですが、入居者の食事の時間が固定されているため残業は比較的少ない傾向にあります。

残業時間が月20時間以下の職場が多く、メリハリのある働き方が可能です。

どうしても人手不足で残業が多くなっている場合は、まず人員を増やすことができないか上司と相談するといいでしょう。

転職を考える場合は、入居費用や月費用の高めの介護付き有料老人ホームを考えると良いです。

費用が高い施設は倍率も高めですが、人員管理や業務管理がしっかりされている傾向にあります。

調理師免許を取るための実務経験を得ることができる

調理師免許を取るためにも老人ホームで調理業務を行うことは良いでしょう。

試験を受け、調理師免許を取ることで調理師としての業務の幅や転職に役に立ちます。

ただし、取る場合には実務経験が必要ですので調理を行える施設で業務に取り組む必要があります。

調理師免許の試験受けるための条件

  • 中学校卒業以上であること
  • 2年以上調理業務を経験したことがある

老人ホームで調理業務を行い、2年以上の実務経験があれば調理師免許の試験を受ける資格が与えられます。

調理師免許は特に社員食堂や給食センターなどへの転職の際に役に立ちますし、昇級の要素の1つになります。

詳しくはこちらのページでもまとめています。

▼調理師免許は意外と簡単に取れる‼︎不安をここで解決‼︎▼
調理師免許は難しい?受験資格や独学で取得する方法を解説

ルーチンワークで業務のストレスは少ない

老人ホームの調理師の業務としては難しい業務が少ない傾向にあります。

管理栄養士が献立を組み立てるため、調理師はその献立に合わせて作りますが業務的にも固定されていることが多く、特別新しい業務は少ないです。

ルーティンワークになりやすい理由

  • 事前に提供人数が決まっている
  • 食事の時間が固定されている

ルーチンワークに向いている人は次のような人です。

ルーチンワークに向いている人

  • 効率の良い仕事が好きで、自分のペースで作業を進めたい人
  • 同じことの繰り返しが得意で、黙々と作業を行うことが好きな人
  • 変化するものや、考えて行動することが苦手な人

このように、自分から行動したり、コミュニケーションを取ったりすることが苦手な人にはルーチンワークが向いています。

また、パターン化されている方が集中できるという人もルーチンワークに向いています。

【まだギリギリ間に合う‼︎】調理師から未経験でもなれる職業7選

ここまで記事を読まれて

「老人ホームの仕事をこのまま続けている自分が思い浮かばない…。」

「他の仕事にも興味があるけど、挑戦するのは怖い…。」

こちらのように悩む人もいるかと思います。

悩む気持ちは実体験からもすごくわかるのですが、未経験転職はなるべく早めに動いた方がいいです。

実際に私自身も異業種転職をする際に6ヶ月とかなり時間がかかってしまいました。

この記事を読んでいるあなたにはなるべく短期間で転職を成功させてほしいので未経験で転職すべき職業を詳しく紹介していきます。

調理師から転職すべき職業

  • 食品開発職:料理が好きで、自分の商品を作りたいなら
  • ITエンジニア:将来性◎ 20代でも年収500円以上は可能‼︎
  • Webマーケター:市場価値が急上昇、独立を目指すなら‼︎
  • 製造業:意外とキツくない‼︎休みや給料が平均以上
  • 営業職:会話や提案が苦手でなければ稼げる仕事
  • ルート配送:【女性にも】年収は高くないが、プライベートが充実
  • 事務職:【かなり人気】経験不要、ルーティンワーク多め‼︎

こちら以外にももちろん未経験で転職できる職業はありますが、働きやすい環境や年収の高さ、休みなどを考えると上記の職業はかなり参考になると考えます。

こちらの記事に上記の職業の具体的な特徴と仕事内容をわかりやすく解説しているので参考にしてみてください。

▼未経験転職でおすすめの職業7つと給料、休みなど実態を解説‼︎▼
【実体験】調理師から異業種に転職できる?未経験でも稼げる7つの職業を紹介‼︎【実体験】調理師から異業種に転職できる?未経験でも稼げる7つの職業を紹介‼︎

老人ホームの調理師は将来性は高いが向き、不向きはかなり分かれる仕事

この記事のまとめ

  • 老人ホームの調理師がどうしても辛いなら、転職もひとつの手
  • 働き続けるメリットとしては残業が少ないことや実務経験を積めることが挙げられる
  • 老人ホームの調理師は働きやすいが、どうしても給料は高くない傾向にある
  • 未経験転職をする場合は、なるべく早めに行動するべき

老人ホームの調理師の需要は今後も上がると予想されます。

しかしながら、高齢者の年金額の低下から業界自体の給料も上りにくかったり、担当する入居者の増加から大変に感じるケースもあると思われます。

今の仕事が好きだけど辛いと感じている人は、他の老人ホームへの転職をまず考えてみると給料面でもメリットはあるはずです。

専門的な転職サイトもありますが、おすすめなのは実績が高く、サポートの質が高い大手転職サービスです。

利用することでのメリット、デメリットをこちらで解説していまうすので、将来的に転職を考えている人は話だけ聞いてみても良質な情報を得られるはずです。

▼全て無料‼︎あなたに合った転職サービスはここで見つかる‼︎▼
転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です