【学歴関係なし】製造業の1日の流れと未経験でも給料・休みが充実している‼︎

 

この記事の内容

  • 未経験でも製造業は働きやすい
  • 製造業なら平均以上に稼ぐことが可能
  • 製造業で稼ぎやすい業種はここ‼︎
  • 【あなたはどう?】製造業が向いていな人はこんな人

製造業について気になるけど実際にどんな仕事なのか気になる人も多いのではないでしょうか。

「製造業ってどのくらい稼げるのかな…?」

「実際の仕事内容や将来性が気になる…。」

…と悩んでいませんか?

未経験でも挑戦しやすい業界の1つである「製造業」。

きついくて辛いイメージを持たれがちな製造業ですが、環境は改善されつつあり給料や休みをしっかりと確保して安心して働くことが可能です。

この記事では製造業の給料や実際の働き方を解説していきますので、製造業について気になる人はぜひ最後までご覧下さい。

【スキルなしでも働ける】製造業ってどんな仕事?

製造業は未経験でも挑戦しやすい業界として人気があります。

業界によっても生産するものや作業内容は異なりますが主に5つの作業に分かれています。

製造業の仕事は主に5つ‼︎

  • 製造・組み立て:工場ラインで製品や部品を組み立てる作業です。流れに沿って1つの製品を完成させます。
  • 仕上げ・加工:製品や部品の一部に加工をする作業です。色を塗る、シールを貼る、曲げたり角を削るなど機械だけでなく手作業で行うこともあります。
  • 検品・点検:製品や部品が問題ないか点検・検品を行います。実際にテストして安全性を確かめることもあります。
  • 梱包:完成した製品や部品を梱包して発送できる状態にします。
    製品や部品によって入数や梱包の仕方は異なります。
  • 生産管理:製品がスケジュール通りに製造できているかを確認し、きちんと出荷できているか確認する作業です。

軽作業も多く、女性や体力に自信がない人でも働きやすいもの特徴の1つです。

実際に製造業で働く女性がどのように働いているのか、感じているかはこちらの動画も参考になります。

具体的に製造業で作る製品にどんなものがあるのか紹介します。

製造業の種類とは

  • 食料、飲料、タバコ製品
  • 石油製品
  • 情報通信器具
  • 輸送用機械製品
  • ガラス、セメント製品
  • 電気機械製品
  • 鉄鋼製品
  • 金属製品
  • 化学製品
  • 繊維製品
  • 印刷製品

製造業といっても作る製品によっては作業内容は全く異なります。

【意外と稼げる‼︎】製造業の給料は年収450万円以上が目安?

企業によっても給料は異なりますが平均年収は490万円ほどです。

製造業は比較的に給料水準が良く、未経験なのに前職よりも給料が良くなるケースも多くあります。

日本の平均年収の約420万円と比べても未経験からでも挑戦しやすい製造業は良い職業と言えるでしょう。

製造業の年収目安

  • 20代:300〜400万円
  • 30代:400〜500万円
  • 40代:500〜550万円

【転職時に間違えないで‼︎】製造業で働くならこの業種!

製造業には色々な業種があると説明しましたが、業種ごとに給料水準が異なります。

未経験で挑戦する場合、稼ぎやすい業種を狙うことをおすすめします。

製造業で働くならこの業種‼︎

  • 非鉄金属:平均年収594万円
  • 自動車含む輸送用機器:平均年収549万円
  • 半導体・電子・電気機器:平均年収546万円
    参照:マイナビ「2018年版 業種別モデル年収平均ランキング」

逆にこちらの業種は製造業の中でも給料水準が低めです。

この業種は年収が低め…。

  • 鉱業・金属製品・鉄鋼:平均年収459万円
  • 食品:平均年収457万円
  • セメント:平均年収437万円
  • ゴム:平均年収423万円
  • 紙・パルプ:平均年収420万円
    参照:マイナビ「2018年版 業種別モデル年収平均ランキング」

上記のように扱う製品の価格や需要によって業種ごとに年収が異なります。

資格や経験のない初心者でも簡単に仕事がこなせる業種は、どうしても給料が安くなりやすい特徴があります。

調理師としては食品メーカーの工場をおすすめしたいですが、価格競争になりやすい食品は人件費が削られやすく他よりも稼ぎにくいとも言えます。

【子供の行事にも参加できる‼︎】製造業の休みは年間休日120日以上が目安?

土日祝日休みが多く年間休日数120日以上の求人も多く見られます。

常に稼働している工場ではシフト制で年間休日110日程度の企業もありますが、比較的に休みが多い業界になります。

製造業に転職したことで友人と遊べるようになったり、子供の行事に参加できるようになって嬉しいと感じる人も多いです。

ただし、繁忙期に月1回ほど休日出勤することもあります。

もちろん休日出勤時はしっかりと給料が支払われるので安心してください。

【そこが気になる‼︎】製造業の良い点、悪い点を隠さず紹介‼︎

製造業はスキルがなくても働きやすい業界になりますが、実際に働いている人はどう思っているのでしょうか。

良くない点、良い点について包み隠さず紹介しますので参考にしてみて下さい。

製造業の辛い点

  • 繁忙期はどうしても疲れる
  • 同じ作業ばかりでつまらない
  • 上下関係が厳しい

続いては働いて良かったと感じる点です。

製造業をしていて良かった点

  • 土日祝がきちんと休める
  • 自分の好きな製品を作ることができる
  • 残業が比較的に少なく、プライベートが充実している
  • 給料が良く、福利厚生、手当が充実している
  • 資格等を取ることで給料が上がりやすい
  • 未経験でも問題なく働けている
  • 美味しい社食がある

私自身、派遣で半導体、ボールペンの検品やセブンのお菓子を作ったことがありますが、同じように感じたことがあります

単純作業が多いため、慣れてしまうとつまらないと感じるケースもあるでしょう。

中にはまずは生活を安定させ、休みや仕事後に資格やスキルを勉強すると割り切る人もいます。

製造業の仕事の内容を紹介!1日のイメージは?

仕事内容や業種によっても微妙に異なるのですが、おおよその1日の流れを紹介します。

実際に私が半導体の製造(基板の組み立て)を行っていた時の流れを話します。

STEP.1
8時30分 職場到着
着替え、作業準備をする
STEP.2
8時50分 朝礼・ラジオ体操
その日の作業内容を確認、体操して怪我を防止します。
STEP.3
自分が担当する作業を黙々と行います。
STEP.4
10時30〜40分 休憩
10分間の休憩をはさみます。
STEP.5
12時30分〜13時30分 昼食
休憩室でお昼を食べたり、テレビを見たりします。
STEP.6
13時30分 午後の作業開始
午前中の仕事の続きを行います。
STEP.7
15時30分〜15時40分 休憩
10分間の休憩をはさみます。
STEP.8
18時 作業終了
着替えて帰宅します。

繁忙期でない限り残業することは少ないので定時で上がれることが多いです。

希望で残業できる職場もありますので、稼ぎやすい環境でもあります。

私自身も派遣として製造業で働いた経験がありますが実際に動画として見た方が理解も早いかと思いますので参考にできる動画を紹介します。

【学歴関係なし‼︎】製造業に向いている人の特徴を紹介!

製造業は未経験でも採用されやすく、30代でも採用されやすい業界でもあります。

人手不足に悩まされている製造業ではスキルがなくても、健康であれば働くことができます。

ここからは製造業に向いている人と向いていな人を解説していきます。

製造業が向いていない人

  • 飽きっぽく落ち着きがない人
  • 立ち仕事が耐えられない人
  • 刺激的な仕事を求めている人

単純作業が多いため、コツコツと作業を行えない人は製造業で働き続けることは出来ないでしょう。

続いては向いている人を紹介します。

製造業が向いている人

  • コツコツと集中して作業できる人
  • 忍耐力がある人
  • 細かな部分まで確認できる几帳面な人
  • 最低限のコミュニケーション能力がある人

これまで何かを継続して続けられた経験のある人は製造業に向いている可能性が高いです。

淡々とミスなく働くことが求められるため、向き不向きが別れますが給料や休みが良い環境も多いので気になる人は求人を確認するといいでしょう。

【AIに奪われるの?】製造業の将来性は意外と明るい‼︎

製造業の仕事は高い需要があり、将来性の高い仕事であります。

しかしながら、人手不足が顕著で未経験でも人員確保したいと考えている企業がほとんどです。

製造業が人手不足である理由3つ

  • 労働者の高齢化
  • 3Kのイメージ(きつい、汚い、危険)
  • AIに仕事が奪われると思われている

確かに作業によっては危険な作業もありますが、年々改善されており、イメージするほど悪い環境ではありません。

また製造業の仕事がAIに仕事を奪われると2014年のオックスフォード大学の「10年で消える職業」で発表されましたが、現状を見る限り当分先のように感じます。

もしAIによる自動化が不安に思う人は、働きながらこちらスキルを磨くようにしましょう。

AIにできないこと

  • 製造ラインを考える、組み立てる
  • 人に指示をして、製造の不足部分を補う
  • 時間や人を管理する

AIにはクリエイティブな作業には向いておらず、新たに考えて行動に移すことはかなり難しいとされています。

製造業内で出世して管理する側になることで、AIに置き換われない働き方をすることが可能でしょう。

【伝えるのはココ‼︎】通りやすい志望動機の書き方を解説‼︎

調理師から事務職に転職すると決めても、どんな志望動機を履歴書に書けばいいのか迷う人も多いと思います。

ここから説明するポイントを押さえ、相手に気持ちが伝わることで内定を勝ち取ることは難しくないでしょう。

具体的にアピールするべきポイントを紹介します。

志望動機のポイント

  • なぜこの企業なのか?:業務内容やその企業の事業内容で惹かれた部分を話し、そこに対して自分が入社ことでどんなメリットが企業にあるかを簡潔に話しましょう。
  • 働きたい意欲:求人に書いてある企業が求めている人物像と自分が重なる部分を中心に話し、意欲を伝えましょう。
  • コミュニケーション能力、協調性があることをアピール:調理現場でのサポート業務や学生時代の部活動などを話しましょう。
  • 就職後に努力できることをアピール:これまでの努力したこと・継続したことを話しましょう。
  • 基本的な社会人マナー:大きなスキルは求められませんが挨拶や感謝、責任感など基本的な部分が求められます。

製造業に就く場合、求められるスキルは基本的な社会人マナーと責任を持って業務に取り組む姿勢になります。

なにより製造ラインに立って、そのポジションのプロとして責任を持って働くことが大切です。

企業ごとに求める人物像は異なりますので、まずは求人をしっかり見て、

「どんな人を求めているのか?」

「どんな作業を任されるのか?業務に対して何を求められるのか?」

まずこちらが理解できればOKです。

難しいと感じた人は無料で利用できる転職エージェントを利用して、アピールポイントや面接練習を行ってもらうと内定をもらえる可能性もグッと高まるでしょう。

【この話はダメ‼︎】内定を取るためにNGな面接での会話内容

書類通過して面接に呼ばれても安心してはいけません。

企業にもよりますが基本的に企業の人事部、直属の上司、役員に当たる人が面接します。

こちらの面接官はこれまで何人もの人と面接を行っているので、ちょっとした失言が原因で断られる可能性が高いです。

面接の際に話してはいけないことを紹介しますので是非参考にして下さい。

面接で話してはいけない内容やワード

  • 他の企業にも応募していること:応募していてもその企業に入りたいため、第一に考えて応募していることを話しましょう。
  • 給料・休み・福利厚生が良いこと:給料や休みなどの内容は絶対NGです。あくまでも業務内容を中心に話し、その企業を業務を通じ支えることを話しましょう。
  • 「成長させて欲しい」や「何をしたらいいですか」など受け身の言葉:面接では積極的に働いてくれる人材を採用しようと考えているので、受け身の言葉は使わないようにしましょう。

一言でまとめると業務内容を中心に話しつつ企業に入り、積極的に働きたい意思があることをアピールしましょう。

また、給料の話に関してNGと言いましたが、

「前職でいくらもらっていましたか?」

と聞かれた場合や内定が正式に決まり給料を交渉する場合はしっかり話しましょう。

私が内定が決まった直後によくやることなのですが、求人に書かれた給料よりも10〜20%上の給料で交渉すると、その額で通るか5〜10%上の給料で入ることができるケースが多いです。

その分、頑張る必要はあるのですが、どちらにせよ内定後は努力が必要なので給料は少しでも多くもらいましょう。笑

給料交渉が自分では難しい人は転職エージェント経由でお願いすると相手企業に嫌な思いをさせずに年収を上げることができるので、無料で利用することをおすすめします。

▼転職で失敗したくないなら絶対利用すべき‼︎実体験を踏まえた感想▼
実際に転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介!実際に転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介!

製造業は刺激が少ないが年収•休み共に安定している仕事‼︎

この記事のまとめ

  • 製造業は未経験で入りやすく、対人ストレスが少ない仕事
  • 製造するものによって給料水準は大きく異なる
  • 休みが比較的に多く、家族との時間を確保できるが、仕事の刺激は少ない

製造業の業界は未経験でも十分狙える職業です。

労働環境も見直されてきており、重労働は少なくなっており女性でも食品や自動車部品など多くの職場で活躍しています。

休みや給料水準も比較的に良く対人ストレスも少ないですが、「刺激が少ない」デメリットがあります。

逆に仕事は仕事と割り切れる人にとってはかなり良い職業と言えるでしょう。

▼転職で失敗したくないなら絶対利用すべき‼︎実体験を踏まえた感想▼
実際に転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介!実際に転職4回してわかった本当に役立つ転職サイトと転職エージェントを紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です